転職に向けた準備を始めよう

建設業界に転職するなら持っておきたい資格

有利に転職できるように

意外とおすすめの資格が多く、自分がどれを取得すれば良いのかわからないかもしれませんね。 建設業界で、どのような仕事を担当する時でも役立つと言われているのが建築施工管理技士の資格です。 それには第一級と第二級があるので、まずは第二級から挑戦しましょう。

第一級と第二級が存在する

建築関係の仕事に転職したい人は、建築施工管理技士の資格を得るのがおすすめです。
これは基本的な資格で、第一級と第二級があります。
第一級の資格を獲得するのは難しいですが、持っていれば様々な仕事に携わることができるので、キャリアアップしやすくなります。
第二級の資格だけでは担当できない仕事も多く、ずっと建設業界で働きたいなら第一級を取得することを目指しましょう。
もちろん採用されやすくなるメリットもあるので、獲得していた方が良いです。

建物で、電気に関係する工事をするかもしれません。
建設業界で働くと、そのような機会が頻繁に訪れます。
そのため、電気工事士の資格も持っておくのが良いですね。
こちらも建築施工管理技士の資格と同じように一級と二級があり、一級は難易度が高いです。
独学でも資格を獲得するために必要な知識を入手できるので、自分に合った勉強方法を見つけてください。

難易度が高めに設定されていますが、建築設備士という資格も持っていれば役立ちます。
余裕があれば、この資格に向けて勉強を進めてください。
この資格を持っていると、建築設備の設計や工事監督のアドバイスができます。
さらに測量士や、測量士補の資格を獲得しても良いと思います。
建物を建築する時は、測量という作業が欠かせません。
正確に建物を作るために必要ですし、責任感も大きいです。
測量士や測量士補の仕事は大変ですが、それだけ大きなやりがいを得られる面がメリットです。

建物では必ず電気を使う

他にも、電気工事士の資格があれば重宝されます。 電気の工事は非常に難しく、危険なので資格を持っている人しか担当できません。 仕事の幅を広げることに繋がるので、獲得しておきましょう。 試験をクリアするためには、自分に合う勉強方法を見極めることがコツです。

持っていると役立つ資格を知る

建築設備士や、測量士、測量士補の資格も建設業界では役立ちます。 資格はたくさんの種類を持っていれば、それだけ自分が能力を持っているとアピールできるので、時間や費用が許す限りは挑戦してください。 ただ建築設備士の資格は、かなり難易度が高いと言われています。

TOPへ