転職に向けた準備を始めよう

有利に転職できるように

最初は第二級から取得する

建築施工管理技士の資格は、最も基本的な資格だと言われています。
転職を考えている人は、まず獲得した方が良いですね。
この資格を持っていれば、様々な種類の建築物の施工管理に携わることができます、
建築工事をしている時は、設計図を事前に作成します。

しかし設計図を見ながら作業を進めていても、その通りに進まない部分も出てしまいます。
そこで建設施工管理技士が建築士とこまめに連携を取り、設計図通りに建物を作れるように仕事を進めていきます。
ちなみに建設施工管理技士の資格は、第一級と第二級があります。
最初は第二級から挑戦し、クリアできたら第一級に挑戦しましょう。
少しずつ難易度を上げることで、スムーズに資格を得られます。

なぜ資格を持った方が良いのか

転職では、採用して即戦力になる人材が求められます。
経験がなく資格もない人は、最初から建設に関する仕事内容を教えなければいけません。
使える人材になるまで時間が掛かるので、そのような人は働きたいと言っても採用されないことが多いです。
ですが経験がなくても資格を持っていれば、建設の基本的な知識を持っていると判断できます。

すぐ仕事を任せられるので、有利に転職活動ができます。
さらに資格があればできる仕事の幅が増えるので、キャリアアップもできます。
ずっと建設業界で働くなら、どんどん上の立場に行きたいですよね。
そのためには経験を重ねることが大事なので、これまでやったことがない仕事でも、前向きに取り組んでください。


TOPへ戻る