転職に向けた準備を始めよう

建物では必ず電気を使う

危険な作業を担当する

電気工事は、大きなビルでも一般的な住宅でも専門の資格を持っている人でなければできません。
具体的には建物の配線工事をしたり、大きな規模の変電室の配電をしたりすることが主な仕事になります。
さらに最近は、太陽光パネルを設置する企業や住宅が増えており、その時も電気工事士の出番です。

電気工事士の資格も一級と二級があり、二級の資格だと600ボルト以下の受電設備を工事できるようになります。
一級の資格があるとそれに加え、さらに最大で500ワット未満の工場やビルで電気工事を行えます。
どのような建物でも電気は欠かせない存在で、電気工事が必要です。
仕事を任されるチャンスが増えるので、電気工事士の資格を獲得しましょう。

通信講座を利用しよう

本屋に行くと、電気工事士に関する参考書が売られています。
それを見ながら、大切な部分をノートにまとめて勉強を進めてください。
また、通信講座を活用する勉強方法もあります。
通信講座は大切な部分がすでにまとめられている問題用紙を渡されるので、それを解いていくだけで必要な知識を覚えられます。

効率良く学べるのは通信講座なので、時間がない人に向いています。
特に転職する際は、仕事と勉強を両立させなければいけません。
さらに新しい就職先を見つける作業もあるので、勉強の時間を確保するのが難しいです。
通信講座を使って、空き時間に勉強してください。
定期的に問題用紙を送り、添削してもらいましょう。
すると、自分が本当に知識を覚えているのかチェックできます。


TOPへ戻る