転職に向けた準備を始めよう

持っていると役立つ資格を知る

かなり難易度が高い

建築設備士は、一級建築士よりワンランク上の資格だと言われています。
獲得するためには建築に関する詳しい知識と、優れた技術が必要なので試験は簡単ではありません。
他の資格に比べて、難易度が非常に高いと思ってください。
建築設備士の資格があれば、建築物の設計図を書いたり、工事を行う際にアドバイスができるようになったりします。
もっと安全性や作業効率を高める方法を、アドバイスしてあげましょう。

近年は建設設備がさらに複雑になり、難しくなっています。
そして安全面を重要視する考えが定番化しており、そのために専門的な知識と技術を持つ人材が必要です。
これから建設設備士の需要が高まるでしょうから、今のうちに資格を得ておきましょう。

やりがいを得られる仕事

測量法をもとに測量計画を考え、現場で作業を行うのが測量士や測量士補の仕事です。
これも資格が必要な仕事で、建設業界で役立ちます。
地味な仕事に感じるかもしれませんが、測量は工事を進める上で基本中の基本です。
ここで間違いが起こると工事全体に影響を与えますし、事故のリスクが高まります。
ですから責任が大きく、やりがいのある仕事です。

測量士は、実施計画書を立てることができます。
しかし測量士補は計画を立てられず、ここに大きな違いがあると覚えておきましょう。
測量士が考えた計画に基づき、作業を遂行することが測量士補の仕事になります。
きちんと計画から自分で考え、測量を行いたい人は測量士の資格を得られるように勉強を進めてください。


TOPへ戻る